ダンボール回収は無料だからこそ個人情報には気を付けたい

ダンボール回収を無料でおこなってくれるスペースに出向くと、ときどき気になる光景を目にすることがあります。それは、ダンボール箱に個人情報である住所や氏名の書いてあるシールが貼ったままになっていることです。さらに、ダンボール箱を見れば、個人情報だけではなく、どこのメーカーの商品を購入したのかが分かることもあります。これでは、住所、氏名、電話番号、購入商品のすべてが分かってしまい、悪用する人が目にしてしまうと、思わぬことに発展せざるを得ないでしょう。女性の場合は、痴漢や変質者の標的になってしまうかもしれません。

ダンボール回収を無料で行っていると、どうしても捨てる側も無防備になりやすいです。ダンボールを捨てるときに、個人情報の部分がシールタイプになっていてはがしやすいのであればはがすようにしましょう。もし、はがすことができない場合は黒のマジックで塗りつぶすような工夫をしましょう。まさか、こんなダンボールに記載された個人情報なんて誰も見ていないと思っている人は危険です。個人情報は手に入れると、それを販売しお金にすることができます。お金のためであれば手段は選ばない人もいますから、疑ってかかった方が自分を守ることにつながります。